HOME>注目記事>連帯保証人が居ない人と安全に賃貸物件の契約を結ぶ方法

賃貸経営のリスクの減らせる上手な方法とは

間取り図

所有物件を活用して、賃貸経営をする時に先ずは入居者を確保する必要があります。立地条件が素晴らしい物件であれば、厳格な条件を提示しても入所希望者は自然と集まってきますが、一部の物件に限られてきます。しかし入居の条件を緩和すると、入居者の方が家賃を滞納したりするリスクも増えてしまいます。その為契約を結ぶ時に入居者の方には、連帯保証人を用意して貰いますが、中々保証人を確保できない方も多いです。そんな時に家賃債務保証を活用すれば、入居者を多く集められて、家賃の滞納時にも、保証会社側が貸主に滞納分の家賃を弁済してくれますから、安定した賃貸経営ができます。

実際にサービスを利用する方法とは

積み木

家賃債務保証を実際に利用するには、保証会社を利用する必要がありますか、先ずは安心して仕事を任せられる保証会社選びから開始します。会社自体は沢山存在しますが、会社によってサービスの内容や質も異なってきますから、中々選ぶのが大変です。そんな時に家賃事業者協議会という組織が賃借人と賃貸人の両者の利益保護をする為に良質な会員保証会社を紹介してくれています。家賃債務保証事業者協議会は会員保証会社に対して、公正な審査や適正な催促を行う事を自主ルールとして定めているので、安定したサービスを受けられる魅力があります。

保証の仕組みは契約形態で変わります

指をさす男女

家賃債務保証のサービスは1種類ではないので、混乱しない為にも仕組みを知っておいた方が安心です。入居者の方が家賃を滞納した時に保証会社が貸主に弁済しますが、その後に保証会社は入居者の方に対して、弁済金を請求する一般保証型が存在します。他に支払委託型も存在しますが、此方は入居者からの委託に基づいて、滞納していない時も保証会社が毎月貸主に家賃を支払うシステムになっており、立替金を入居者に保証会社が請求する流れになります。